お花に関するワンポイントアドバイス,キレイに魅せる写真の取り方エトセトラ

写真を撮るときには伝えたいことを考えて

緊急事態宣言が出され
外出自粛要請が出ているので
私も自宅でおこもりしている一人です。

こういう時には何をするか
写真を撮るです。
春の光はキラッとして明るいので
写真を撮るには少し光線が強い日もありますが
時間帯を選べば自然光できれいな写真が
撮りやすい季節です。
同じものを違った視点から3枚撮ってみました。
IMG_1600
1枚目は、お花をメインでインテリア写真に近いもの。
花材のご紹介する場合等によく使う撮り方です。
種類ごとにお花がよくわかるように配置して
壁に掛けてある額が入るとインテリア感がより強く出ます。
IMG_1592
2枚目は、スイーツをメインで。
なのでお花は、背景の1部として使用しぼかして
ピントはスイーツに合わせて撮っています。
IMG_1630
最後は、お茶を飲んでいる私の姿を入れて。
こちらはお花を見ながらコーヒータイムを楽しんでいることを
伝えたいので私の姿を入れています。
リラックスタイムには、お花があるとより癒しの時間が
楽しめますね。

同じ材料を使っても何を伝えたいのかによって
ピントを合わせるものや配置が換わってきますね。
一番伝えたいものは何かを考えて写真を撮っていくと
伝わり方が違ってきますね。

フェアビアンカへのお問い合わせお申込みはこちらから