フェアビアンカ

お知らせ

glass imeca さんの個展に添え花

(2021.04.29)

Message

大阪・心斎橋、熊取、京都祇園四条でパリスタイルのフラワーアレンジメント教室を主宰しております。

中島知子と申します。

パリスタイルとは、パリにはたくさんのお花屋さんがありますが、その中でもハイセンスなパリのお花屋さんスタイルのことです。

パリスタイルのよさは、花そのものの美しさを存分に引き出せること。そこにお花の色、形、質感などがうまく組み合わされば、 その存在が空間を彩り、人によい影響を与えてくれるのです。

もちろん、同じパリスタイルであっても、花を扱う人によってテイストは変わります。私はどちらかというとシックで、くすんだ色彩の花たちをアレンジするのが好きです。
お花は人の感覚に訴えるものですから、自分に一番しっくりくる「それぞれのパリスタイル」を見つけていただきたいと思っています。

私自身、パリスタイルのお花を始めたことでいろいろな世界が広がり、センスアップできました。もちろん、オシャレなパリの街も大好きです。

一緒に、パリスタイルで花のある暮らし始めてみませんか?

中島 知子Tomoko Nakajima ≫プロフィールはこちら

Monthly Flower

5月1日はフランスではスズランの日。

フランス語では、スズランをミュゲと言います。
お世話になっている人にスズランを贈ると贈られた人は幸せになると言われています。
 
そこで、フェアビアンカの今月の花は、スズランです。
こちらは、柳を丸めて花留めにし、根付きのスズランを入れたものです。
スズランの花は、デリケートなのであまり長くはもたないけれど置いてあるだけでその香りにうっとりしてしまいます。
 
花がどこにあるかがわからなくても香りでスズランがあるのがわかるほどです。
1年のうちでもスズランを楽しめる時期は短くてはかないからこそ楽しめる時期が待ち遠しく思える花だと思います。
 
5月15日~23日までglass imecaさんの個展で添え花を致します。
岸和田市のatelier coperitoにて開催しますのでお近くまで来られたらどうぞお立ち寄りくださいませ。

(2021.04.30)

Blogs