お花と花器の関係,季節を楽しむアレンジメント(夏)

暑いシーズンには、リンゴ、ブドウの実のものを使ったフラワーアレンジメントを楽しんでいます。

夏休みが始まり、。本格的な夏が始まりました。
とは言っても今年はずーっと暑い日が続いていますね。
生花は、長持ちしにくいのでこの時期はお花は入れないという方も
いらっしゃるかとは思いますが、こういう時には実のものを使ってみませんか?
実のものを使うといつもとは違うアレンジができて、これはこれで楽しいですよ。
今回使うのは、サンキライ、リンゴ、ブドウです。
IMG_060
まず最初にお水を入れた小さな花器を大きな花器の中にセッティングします。
そしてリンゴを小さな花器の周りに一周する程度に入れます。
IMG_0262
リンゴを入れ終わったら、次はブドウを大きいほうの花器の中や
花器の縁から垂れ下がるように入れます。
IMG_0263
最後に水の入った小さな花器にサンキライの枝を入れます。
サンキライは、お水につけたほうが長持ちします、
お水につけないと実がしわしわになってくるのが早いです。
IMG_0264
完成はこちらのようになりました。
サンキライの蔓の垂れ下がる特徴を活かしました。
IMG_0257
バランスの良い花器をお持ちでない方は、別々の花器に入れて
ギャザリングで楽しむこともできますね。
サンキライの蔓の曲線を楽しんでくださいね。
暑い時期には、グリーンのものがあるだけでさわやかさを感じますね。
IMG_0267

フェアビアンカへのお問い合わせお申込みはこちらから