お花と花器の関係,ブログ,心斎橋教室レッスン風景,熊取教室レッスン風景,

半夏生をモダンに

今年の半夏至は、7月2日でした。
そこで、半夏生というお茶花によく使われる和の花材を使って和にならないお花の入れ方のご紹介です。
半夏生の名前の由来は、毎年、半夏至の頃になると葉が、白と緑の半分ずつになるからという説と
白と緑で半分化粧をしたように見えるからという二つの説があるようです。
竹の籠に入れてしまうと和室に似合う和の花になってしまいます。
IMG_0120
あえてモダンな黒っぽい花器に入れトレーにまとめて置いてみるとモダンな印象になります。
IMG_0117
ガラスのボールにひとまとめでいれてみても和の花の雰囲気は感じませんね。
IMG_0129
和の花でも器や入れ方でモダンな雰囲気に変わるので一度、試してみてくださいね。
ランキングに参加しています。
↓よかったらポチッとお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村